税の問題はとても難しいので慎重な判断と対策が大切

一切をしない

そもそも相続放棄とは

相続放棄とは相続人が被相続人の財産を一切相続しないことで、初めから相続人ではなかったことになることです。 財産はプラスのものだけとは限りません。マイナスの財産、つまり借金の場合もあるのです。トータルでマイナスになる場合には相続放棄を選択することもできます。しかし相続放棄の手続きが完了した後でプラスの財産が見つかったとしても、それを受け取ることはできません。相続放棄を選択した場合、家庭裁判所への手続きが必要になります。手続きはいつでもできるわけではありません。期限が定められています。 この対極は単純承認です。これはプラスもマイナスもすべて相続することです。単純承認する場合は家庭裁判所に申請する必要はありません。 相続放棄の手続きを期限内に行わない場合は単純承認とみなされます。

相続で気を付けたいこと

前述の通り相続放棄の手続きはには期限があります。相続人が自分が相続人となったことを知った日から3か月以内に家庭裁判所に対して相続放棄述書を提出しなければなりません。起算日は被相続人が亡くなった日ではありまえん。 相続人は配偶者と子になることが多いですが、配偶者や子がいない場合に兄弟やその子に相続がまわってくることがあります。いわゆる遠い親戚の場合は相続を知った日イコール亡くなった日とは限らないでしょう。 相続放棄の手続きはご自身でできます。 ですが後々のことを考えれば弁護士に相談した方が賢明です。相続放棄するということは他の相続人への負担が増えることにもなります。逆に、後で調べてみたらプラスだったのにと後悔することもあります。お互いに禍根を残さないためには専門家にあいだに入ってもらって話をすすめることが大切でしょう。 なるべく早く相談し、期限を超えないよう気をつけましょう。

Copyright© 2015 税の問題はとても難しいので慎重な判断と対策が大切All Rights Reserved.