税の問題はとても難しいので慎重な判断と対策が大切

対策が大切

節税商品は税の繰り延べ効果があって解約時には課税されますのでその対策も必要です

法人税の節税を目的に経営者保険に加入する企業が多数あります。支払った保険料の多くは解約すると戻ってくるにもかかわらず、保険料の全額または一部が経費になるからです。しかし、保険契約を解約した際の解約返戻金は資産計上額との差額が利益となって課税されます。 法人税を確実に節税するためには、解約返戻金を受け取った際に、その利益を上回る経費があることが重要になります。その代表的なものは役員の退職金であって、退職金は引当金を積んであっても有税引当ですので、実際に退職金を支払った際には全額が経費になります。役員の退職時期に合わせて保険を解約することで、法人税を確実に節税することができますので、多くのオーナー企業で活用されているのです。

解約返戻金は経費の支出に備える他に資金繰りにも備えられます

法人税の節税目的で加入した経営者保険が企業の資金繰りを助けることもあります。景気の急激な悪化などによって、一時的に企業の業績が低迷した際に資金繰りが苦しくなっても、銀行などの金融機関から融資を受けるのは困難な場合があります。 経営者保険の解約返戻金は決算書に記載されない簿外貯蓄であって、緊急時に役立つことがあります。法人税の節税よりも緊急事態への備えとして経営者保険を契約している企業も少なくありません。経営者に万一のことがあった場合には死亡保険金で備えることができますし、企業の資金繰りが苦しくなった場合には解約返戻金で備えることができます。経営者保険は二重の意味で企業の経営を防衛する効果があるのです。

Copyright© 2015 税の問題はとても難しいので慎重な判断と対策が大切All Rights Reserved.