税の問題はとても難しいので慎重な判断と対策が大切

利息の返還

任意整理であれば一社あたり2万円前後の費用がかかる

借金を整理するという言葉があります。これはどういうことかというと、貸金業者との通常の契約では、月一回程度、借りたお金の利息と元金の一部を返済するということになっているのを、お金を新たに借りることは出来ないようにして、更に返済は元金のみという契約に変更して、借金を返済するだけにするということです。あるいは、破産をして借金の返済義務をなくすというのも整理のうちに入ります。 このような債務整理は弁護士に依頼して、自分の代わりに貸金業者と交渉してもらう、あるいは破産の手続きを代行してもらうというのが一般的です。 費用はどれぐらいかかるのかということですが、任意整理と呼ばれる、貸金業者ごとに交渉をするものだと一社あたり2万円前後、自己破産であれば30万円程度というのが相場です。

借入先と債務が多い場合は自己破産の方が費用がかからない

債務整理の中で、任意整理は交渉する貸金業者が多ければ多いほど費用がかさむことになります。自己破産であれば、たくさんの貸金業者からお金を借りていたとしても、業者との交渉は必要なくて、裁判所に必要な書類を送るだけなので、決められた金額を支払うだけで済みます。 そういった意味では、借入先と債務が多い状態で債務整理の費用を抑えたいというのであれば、自己破産の方がいいと言えます。最初に任意整理を選んで、やはり返済するのは難しいということになって今度は債務整理方法を変えて自己破産を選ぶと、任意整理を頼んだ時にお金を払って、自己破産を頼む時にまたお金を払うという風に二重にお金がかかってしまうので、適切な債務整理はどれなのかを弁護士と相談して決めるようにしましょう。

Copyright© 2015 税の問題はとても難しいので慎重な判断と対策が大切All Rights Reserved.