税の問題はとても難しいので慎重な判断と対策が大切

対策が大切

法人税の節税を目的に経営者保険に加入する企業が多数あります。また、緊急事態への備えとして経営者保険を契約している企業も少なくありません。万一のことがあった場合にも備えてここまでやる場合もあります。

損はない

相続相談はご両親がお元気なうちにしておいたほうが良いです。相談料無料です。はじめての方でも安心して相続相談が受けられるように配慮されていますので、とても便利です。これは子どもたちへも影響するので大切なことです。

法人税の節税をする

会社へあてる残業代請求は弁護士がサポートします。損すること無く、正当な請求でしっかり収入を得ましょう。

気になることや不明な点があれば、すぐに電話で聞いてみましょう。社会保険労務士がある東京では、社内整備や手続代行の依頼ができます。

法人税を節税するには

法人税とは所得税の一種で、法人に課せられる税金です。 会計上の利益から法人の所得を求め、その所得に税率をかけることにより、法人税の算出を行います。 この法人税を節税する方法をご存知でしょうか。 それは損金つまり経費を多く計上することです。 会社の所得とは収益から損金を差し引いた金額となります。つまり経費が多くなれば所得も少なくなるので、所得税の金額が少なくて済むのです。 しかし経費のねつ造や、水増しは絶対にあってはいけません。 ではどうすればうまく節税につながるのでしょうか。 カギとなるのは、「接待交際費」と「会議費」の使い分けです。 接待交際費は企業の規模によっては経費になりません。しかし会議費ならば全額経費として認められます。 この会議費をうまく計上することがポイントとなります。

会議費を使いこなそう

会議費は取引先との一人当たり5000円以下の飲食の場合のみ適用されます。 上記のような接待があれば、接待交際費ではなく会議費として計上しましょう。 これだけで年間かなりの金額が経費となり、ひいては法人税の節税に繋がります。 ただし以下の点に注意しましょう。 自社の社員だけの飲み会は会議費としては認められません。また5000円以下の飲食であることが条件なので、お中元やお歳暮などの贈答も対象外です。また領収書を分割したり、参加人数を水増しして記録することは重大な違反行為であり絶対に認められません。 平成26年度の税制の改正により接待交際費を損金扱いできる範囲が拡大されることとなりました。 これは接待を多くして、飲食業界の産業を活気づけるためだと言われています。 科目を上手に使い分けて賢く節税したいものですね。

法律関係は素人では分かりません。だから弁護士を新宿で活用できるこちらに助けてもらうことが大切となります。

岡山で弁護士をお探しならコチラから。県内全域対応で、個人から法人まであらゆるお客様のご相談にのっています。

相続対策や相続税対策のことは、法律のプロにお任せください!豊富な解決実績が依頼者に選ばれる要因になっていますよ。

利息の返還

借金を整理するという言葉があります。 このような債務整理は弁護士に依頼して、自分の代わりに貸金業者と交渉してもらう、あるいは破産の手続きを代行してもらうというのが一般的です。

理由は多くある

離婚をするときには、生活費や養育費とは別に弁護士に依頼をして慰謝料というものを請求できますが、このような場合はとてもトラブルになりやすい可能性があります。そのため自分だけで解決することはしないほうが良いです。

一切をしない

相続放棄とは相続人が被相続人の財産を一切相続しないことで、初めから相続人ではなかったことになることです。手続きはには期限があるため、なるべく早めに相談をしたりすることが必要になってきます。

Copyright© 2015 税の問題はとても難しいので慎重な判断と対策が大切All Rights Reserved.